キーボードの配置を覚えて、スマートフォンも快適に

スマートフォン、急速に普及していますね。電車に乗ると、必ずといっていいほどスマートフォンを使っている人がいます。かくいう私も、毎日持ち歩いて、ネット検索などで活用しています。

スマートフォンとタイピング、関係なさそうですが、実はとても関連性があります。
スマートフォンの文字入力は、大きく3つに分類できます。


①ケータイ入力
「い」ならあ行用ボタン「あ」を2回タップするトグル打ち(マルチタップ)

②フリック入力
下図のように「あ」を起点にして「い」なら左に指をスライドすることで入力できます。「う」なら上になります。

  う
  ↑
い←あ→え
  ↓
  お

③PCキーボード配置(QWERTYキー)
 PCでお馴染みのQWERTYキーで文字を入力します。


状況とか好みによって入力方法を選ぶと思いますが、タイピングをマスターすると思いのほか「③」の入力が快適になっていることを感じると思います。
タッチタイピングをある程度覚えただけでも、キーボード(QWERTYキー)の配置を覚えているため、すばやくアルファベットを入力することが出来ます。もちろん、ローマ字入力による日本語入力も快適です。

キー配置

スマートフォンでもipadのように画面が大きければ、PCのキーボードに近い感覚でタイピングできます。

ipadキー



【SponsoredLink】



応援ポチお願いします。
>>ブログランキングはこちら

初心者から始めるタイピング練習

[ 2013/02/17 22:36 ] タイピング雑談 | TB(0) | CM(0)