上段キーの練習

タッチタイピング(ブラインドタッチ)の上段のキー練習をしましょう。
下記の図をご覧下さい。
キーボード配列
対象のキーは、
[ Q ] [ W ] [ E ] [ R ] [ T ] [ Y ] [ U ] [ I ] [ O ] [ P ]
です。

上段のキーを打鍵したら、指をホームポジションに戻してください。 


ホームポジションに指を戻すことによって、次にどのようなキーを入力する場合でも瞬時に対応できるようにします。
また、手の位置が安定するため、キーの打ち間違いが減ります。

仮に、「地理(ちり)」と入力してみます。
アルファベットだと[ T ][ I ][ R ][ I ] です。

◎入力手順はこんな感じです。

1)指をホームポジションに置く
2)左人差し指で上段[ T ]を入力
3)ホームポジションに戻る
4)右中指で上段I ]を押す。
5)ホームポジションに戻る
6)右人差し指で上段[ R ]を入力
7)ホームポジションに戻る
8)右中指で上段I ] を押す。
7)ホームポジションに戻る

慣れないうちは、とにかく、指をホームポジションに戻す癖をつけましょう!
慣れてくると、ホームポジションの位置が感覚でわかるようになります。
そこからは、ホームポジションを意識しなくてもいいです。


前置きが長くなりましたが、上段キーの練習に入りましょう。
タイピング練習ソフトで、上段キーの練習をします。

同時に、中段(ホームポジション)の練習も交互に行いましょう!

8割くらいの出来になるまで頑張ってください。
※目安は、タイピング練習ソフトのキーボード練習で10セット連続ノーミス

20分×7日くらい練習すれば、十分達成できます にっこり

上段キーをマスターしたら、次は、 下段キーの練習です。


【SponsoredLink】



応援ポチお願いします。
>>ブログランキングはこちら

初心者から始めるタイピング練習

[ 2007/04/05 18:30 ] タッチタイピング | TB(0) | CM(0)