キーボード入力のコツ(Enterを使わない)

キーボードで入力した文字の変換のコツについてお話します。

文字変換時に、極力、キーボードの打鍵を減らす方法です。
文字変換後の確定で、Enterキーを押さないようにしましょう。

文字変換を確定をさせる方法は2つあります。
Enterを押す方法と、次の文字を入力することです。

文字変換の度にいちいちEnterを押さなくても、次の文字を入力し始めれば、文字変換が確定されるというわけです。

Enterを押さなくなることによって、
・キーの打鍵数の軽減
・ホームポジションの崩れ防止
のメリットがあります。

試しに、「今日は良い天気だ。」をEnterを使わずに入力してみましょう。

  「きょうは」 →[スペースで変換]

 →「い」   →[スペースで変換]

 →「んきだ。」→[スペースで変換]

 → [Enter]

上記のとおりにきー入力をすると、赤文字の部分で文字変換が確定されることを確認できます。

慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、意識して日々の文字入力に取り入れてみてはいかがでしょうか。
【SponsoredLink】



応援ポチお願いします。
>>ブログランキングはこちら

初心者から始めるタイピング練習

[ 2007/07/25 21:28 ] タイピングのコツ | TB(0) | CM(0)